江戸川区の矯正歯科 裏側矯正 子供の矯正

クリニック紹介

よくあるご質問 応答集2

7、治療の期間は?
子供・小児の第一段階治療 (6歳~9歳頃)混合歯列期:子供の歯と大人の歯が混ざっている時期
治療期間 約1~1.5年
子供・小児の第二段階治療 (11歳~) 永久歯列期:すべて大人の歯の時期
治療期間 約2~2.5年
成人・大人の治療 永久歯列期:すべて大人の歯
治療期間 約2~2.5年
治療の経過
第二段階治療及び成人の矯正治療は、約1年ちょっとである程度きれいに並びます。その後の治療期間は、微調整や歯を抜いた場合は、隙間を閉じて行き、しっかりかみ合わせを治していきます。治療の後半は、治す項目を挙げ相談しながら進めていきます。
保定装置の期間
第二段階及び成人矯正後、通常約2年間保定装置を使用して、きれいになった歯並びを維持していきます。保定装置の期間は、3~6ヶ月に一度来院して、保定装置の調整、歯並びの経過観察及び歯のクリーニング等のメンテナンスを行っていきます。その後も希望に応じて、1年に1~2度程度メンテナンスを行っていきます。治療後4~5年通院されている方もいらっしゃいます。

よくあるご質問 トップに戻る

8、治療中の痛みは?

2~3日間、噛むと痛みがあります。痛みが強いときは、痛み止めで痛みを和らげることができます。

治療で調整をした次の日から2~3日は、痛みまたは歯が浮いたような症状が現れます。個人差はありますが、中には「食事ができなかった」という方もいらっしゃいます。もし、痛みがある時は、市販の痛み止めで痛みを和らげることができますが、副作用のない薬はありませんので、我慢できるのであれば、痛み止めを飲まない方が良いでしょう。治療中の患者さんで痛み止めを飲む比率は10人に1~2人程度です。治療中の痛みを評価するのは、個人差があって難しいのですが、その程度の痛みだと理解して頂くと良いでしょう。中には、痛みによって歯が動いている感じがして良いと言う方もいらっしゃいます。

よくあるご質問 トップに戻る

9、歯を削って差し歯にするのは?

差し歯にすると、長い年月の間に、歯ぐきが黒くなったり、約7年で作り変えをするので、余分に費用がかかります。

確かに歯を削って差し歯をかぶせてしまえば、数回の治療で終わります。歯の神経を抜いてしまうので痛みもほとんどありません。
研究報告によると、差し歯やブリッジ等は、約7~8年しかもたないのです。そのたびに高額な費用がかかり、何回もやり直す面倒があります。そして最後には、歯を失ってしまいます。若い頃に差し歯の治療をしていたらこんなことも考えられるのです。
また、歯ぐきが黒くなっている方を見たことはありませんか?あれは、差し歯にした歯に金属が溶け込んで黒くなり歯ぐきから透けて見えているのです。歯を削るということは、確実に歯の寿命を短くしていきます。
矯正治療は、自分の歯で削らずに並べることができます。そのときは時間とお金はかかりますが、長く自分の歯を残していくことができます。
これから20年、30年と自分の歯でおいしく食事をしていきます。自分の歯できれいになる矯正治療は、第一選択肢ではないでしょうか?

よくあるご質問 トップに戻る

10、治療中にむし歯にならないの?

きちんと歯ブラシをするのが一番です。特に、装置の周りを注意して磨いてください。

装置が口の中に入ると、食べ物が口の中に残りやすく、虫歯になりやすくなります。きちんと食後は、歯を磨くことが必要です。
従来の矯正歯科治療では、装置を歯に接着する際にレジン系の接着剤を用いますが、レジン系には、プラーク吸着性がある為に、装置の周りがむし歯になりやすくなります。当院では、グラスアイオノマー系の接着材を用いますので装置の周りがむし歯になりにくく、歯に接着する強度を抑えてありますので、治療終了後、装置を外す時の痛みを軽減することができます。
もし、むし歯になっても一般歯科と連携して治療が行えますので、当院でむし歯の治療ができます。同じ医院内で、むし歯の治療、親知らず等の抜歯、矯正歯科治療が行えます。治療ごとにあちこちの医院にいく面倒や不安がありません。

よくあるご質問 トップに戻る

8、子供の時から矯正治療はしたほうがいいの?

成長期に治療を行なうので、大人の治療ではできないことも治療することができます。

子供には、上あごや下あごの成長があります。、ですから、子供の時から矯正治療を開始すれば、成長に合わせて、顎を発達させることができるので、大人の歯が生え変わりをスムーズにすることができます。大人になってからでは,できないあごの成長発育を利用した治療が、子供の矯正治療では可能です。
また、むし歯の早期発見やスムーズな歯の交換を誘導することができます。もちろん治療の最終ゴールは、大人の歯でしっかりかみ合うきれいな歯並びにすることです。そして、その後きれいな状態を少しでも長く維持することです。

よくあるご質問 トップに戻る

12、矯正認定医とは?
日本矯正歯科学会が定めた、矯正歯科専門の資格です。

認定医とは、大学を卒業後、5年間以上矯正歯科の臨床を専門におこなった者で、症例を150以上持ち、矯正に関する論文を学会で発表し、学会で認められた者のみ与えられる専門の資格です。当院では認定医が治療を行っていますので、安心して治療を受診することができます。

よくあるご質問 トップに戻る